取組事例・提案の紹介

補助職の配置による医療職の負担軽減、多様な勤務形態の採用による看護師の定着促進と院内保育所の設置による職員の離職防止促進

取組・提案者概要

取組者
病院単体での取組
法人名
豊川市
病院名
豊川市民病院
法人(病院)の開設主体
地方公共団体等(都道府県、市町村、地方独立行政法人)
所在地
愛知県豊川市八幡町野路23番地
主たる医療機能の特徴
急性期機能
一般病床
病床数: 454
 
入院基本料:7対1
療養病床
病床数:
 
入院基本料:
結核病床
病床数: 8
 
入院基本料:7対1
精神病床
病床数: 65
 
入院基本料:13対1
その他病床
病床名:
 
病床数:
 
入院基本料:
続きを見る
一日あたりの平均外来患者数
1235人(平成29年度数値)
一日あたりの平均在院患者数
452人(平成29年度数値)
一般病棟の平均在院日数
11.5日(平成29年度数値)
病床稼働率
85.7%(平成29年度数値)
職員総数
1048人(平成30年度数値)
医師
188人
看護職
542人
医師事務作業補助者
5人
看護補助者
63人
医師の交代制勤務の有無
なし
看護師の交代勤務の状況
3交代制(変則含),2交代制(変則含),3交代制と2交代のミックス(同一病棟内),オンコール体制
勤務環境改善についての表彰・認定等について
カンゴザウルス賞(H29.5.18日本看護協会)

吹出し

この取組を評価する

参考になった!

取り組んだ内容

【取組(1)】
Ⅰ.働き方・休み方改善
2 勤務負担軽減
チーム医療や多職種連携(業務分担・連携の強化等)により負担軽減を図っている
【取組(2)】
Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備
4 人材の定着化
その他
各病棟における多様な勤務体制の導入による看護師の定着促進
【取組(3)】
Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備
1 仕事と子育て・介護等の両立支援
院内保育所や提携保育所等を整備している

取組のきっかけ、背景、取組前の問題点

勤務環境及び社会環境の変化に伴い、職員の業務量が増加し、その負担軽減を図り、かつ、子育てを始めとする家庭生活と仕事との両立を図る必要が生じたため。

取組対象

  • 取組対象
    看護職
  • 取組の中心部署・人物
    看護局
  • 取組詳細
    補助職及び院内保育所にあっては病院全体で、多様な勤務体制にあっては看護局が主となって取り組んでいる。

実施後の成果

Ⅰ.働き方・休み方改善_成果
2 勤務負担軽減 成果
補助職(医師事務作業補助者等)の配置数が増えている
成果の出た対象 ☐医師,☐コメディカル,☑看護職
成果に影響を与えた取組 【取組(1)】
成果指標 ・看護補助者の増加
・夜勤専従の補助者の採用及び配置
・正規の介護福祉士の採用
Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備_成果
1 仕事と子育て・介護等の両立支援 成果
小さな子どもをもつ職員が様々な場面で活躍している
成果の出た対象 ☑医師,☑コメディカル,☑看護職
成果に影響を与えた取組 【取組(1)】 【取組(2)】 【取組(3)】
成果指標 ・部分休業取得者の夜勤従事
・コメディカルの変則勤務対応
・医師の利用者増加

これまでの取組成果に対する院内の声・反応

 正規職員としての介護福祉士による交替勤務の実施により、看護師の夜間勤務負担の軽減が図られている。
 院内保育所の移転新築による施設の拡大のため、単年度の利用から複数年度の利用が可能となり、職員の仕事と育児の両立及び離職防止につながった。

今後の課題等について

 社会環境の変化に伴う病院業務の増大が目覚ましく、医療職の業務負担は増大する一方であるため、補助職の配置を充実させ、負担軽減をより一層図る必要がある。
 また、育児休業復帰者が容易な交替勤務に就けるために、院内保育所の利用対象者の年齢拡大、夜間開設日の増加等の更なる機能充実を図る必要がある。